Ep025.青柳拓郎さん(第1部前半)やりたい事をみつけたのに、やむなく家業へ。葛藤と挑戦のはじまり。

カフェという「やりたい事」に出会えたのに、やむなき事情で家業に入ることに・・・。

そう語り始めたのは、シンプルながらも洗練されたエスプレッソを提供する、
新潟県長岡市のコーヒースタンド、GoodLuckCoffeeのバリスタ、青柳拓郎さんです。

青柳さんは、音楽専門学校時代に、カフェという「やりたい仕事」に巡り合いました。
しかし、これからカフェの道を進み、いずれは独立・・・と意気込んでいた矢先に、
やむなき事情で家業の造園業(庭師)を継がなくてはならなくなりました。

それまでやってきた事と、まるで正反対な仕事を始めることになった青柳さん、
最初の頃は、葛藤や悩みを抱えてばかりだったと。。。

しかし、しだいに造園という仕事のなかにも、自分なりの「やりがい」や
「おもしろさ」を見つける事ができ、それが後のカフェ開業の際にも
役立つことになった、と話して下さいました。

第一部では、「自分がやりたい事」とは違った仕事に
やむなく取り組まなければならない状況になってしまったとき、
どのように、仕事や自分と向き合ってきたのかを中心にお話を伺います。
 
 
 

ゲストプロフィール

page_guestlist_010_aoyagi青柳拓郎(Takuro Aoyagi)
Good Luck Coffee オーナーバリスタ

音楽学校時代に訪れたイギリスで、カフェの魅力を発見しその道へ、しかし1年後やむなき事情で家業の造園業を引き継ぐことに。たび重なる葛藤を乗り越え、約10年の時を経て再びカフェ業界へ。情熱を持つ人々との出会いに支えられ、故郷に地元初となるコーヒースタンドを開業。
→公式FaceBook   →食べログ