Ep011.川西茂さん(第1部)|【7つの習慣】翻訳者に学ぶ、目標の設定法

post_g006_th_IMG_1017
「7つの習慣」の翻訳や「3つの成功サイクル」の執筆など、
現代の人材育成業界で、常にトップランナーとして活躍されています、
株式会社 ザ・アカデミージャパン 代表取締役社長、
川西茂さんをゲストにお迎えしてお話を伺います。
 
 
第1部では、起業や独立、新規事業設立を目指すなら
最初に向き合う事になるポイント「目標設定」について伺います。
 
ちなみに、今回扱うこの「目標」とは、営業実績で今月は○件の新規を獲得する、
TOEICで900点を取る、弁護士資格を取る、売り上げ10%UP、上場する、等といった
社会評価の基準を満たす、というタイプの「目標」ではありません。
 
「そもそも自分は何がしたいのか」、「どんな仕事で社会貢献していきたいのか」、
「何をライフワークとしてやっていきたいのか」を見つけるという
内面から沸き立つ目標いわば「本当にやりたい事、人生の目標」です。
 
 
この「人生の目標」を持つ事が、成功への重要なステップであることは
今更、いうまでも無い事かもしれません。
 
成功を収めた実業家、「人を動かす」「道は開ける」のデールカーネギーや、
松下幸之助、スティーブジョブズ、柳井正、孫正義などなど、
「人生の目標」を持つ事の重要性 を説く実業家は大勢います。
 
 
それなら自分も、生涯をかけられる、「本当にやりたい事」を見つけようと
考えてみるものの、なかなか自分の中に眠る「本当にやりたい事」を見つめる事ができません。
日常の忙しさや、さん々なしがらみに目隠しをされてしまし。
自分のやりたい事にふたをしたり、見て見ぬフリをしてしまう。
なかなか一歩が踏み出せない。。。
 
 
そんな中、どうやったら自分に素直になり、そして目標が見えてくるのか、
どうやったら、見えてきた目標にフタをせず、一歩踏み出せるのか。
 
 
今回は川西さんご自身の経験もふまえ、そのヒントをお聞きしました。
本編では 、川西さんの起業当時は日本では全く知名度が無かった「7つの習慣」と
どのように巡り会い、書籍の翻訳やセミナー事業の成功へ結びつけたのか。
「7つの習慣」を日本に広めた舞台裏も詳しくお話を伺いしました。
セミナー事業や講演活動をされている方には、きっとお楽しみ頂けると思います。
 
 
 
■今回のトピック
・人生の指針、目標について
・洋上研修でのジェームズスキナー氏との出会い
・タンポポ探しを通して気付いた、パラダイムシフト
・「7つの習慣」のセミナー事業との出会い
・内発的な目標は、「書いて」見つける
・まずは一歩踏み出してみる
・踏み出したら続けてみる
 
 
■川西茂さんの訳書、著書